配信数上位のPC向けゲームでプレイに必要なスペックは?

ゴールデンウィーク中、ゲーム配信ばかり見ているあおきまです。2017年になってからプロのゲーム配信をよく見るようになりました。プロの試合を見ていると、自分でゲームをやりたくもなってきます。ところで我が家のPC環境でゲームできるのでしょうか?それぞれのゲームの推奨環境を調べてみました。

調査対象

今回はTwitchにて2017年5月5日15:45(JST)時点で、視聴数が多い上位3ゲームを対象にしました。(なお、日時はこのまとめを書こうとした際に、忘れないよう、たまたまスクショを撮った日時であり意図的なものは全くありませんw)

該当するゲームはこの3つです。

  • League of Legends
  • Hearthstone
  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

ざっくりとゲーム概要を紹介しましょう。League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド 略して LoLとも表記される)とはRiot Gamesが2009年10月にリリースしたチームストラテジーゲーム、Defense of the Ancients型のゲームです。世界でもっともプレイヤー数が多いPCゲームと言われており、Twitchでも最も視聴数が多いゲームとなっています。なお、2017年3月から日本版が正式にスタートしました。プロによるリーグ戦も各国で盛んに行われています。

Hearthstone(ハースストーン)とはブリザード・エンターテイメントが2014年3月にリリースしたコレクティブルカードゲーム(CCG)とよばれるジャンルのゲームです。こちらも、プロによるリーグ戦も各国で盛んに行われています。ちなみに、Cygamesが運営しているゲームShadowverse(シャドウバース)はハースストーンを参考にして作られたゲームらしいです。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ 略して PUBGやバトグラと表記される)とはブルーホールが2017年3月にリリースした合計100人のプレイヤーが戦略的に配置された武器、車両やアイテムを見つけ、最後の1人が生き残る瞬間まで戦うバトルロイヤルゲームです。2000年に映画化された「バトル・ロワイヤル」の世界観がゲームの参考になっており、暴力的シーンの連発です。リリースされたばかりのゲームですが、シンプルかつハマる人が続出ゆえに注目度が非常に高くなっています。

Windows推奨動作要件

LoL=League of Legends
HS=Hearthstone
PUBG=PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
*アップデートが行われることで推奨・必要スペックも変わっていきます。公式サイトも合わせて確認しましょう!

スペック LoL HS PUBG
OS Windows XP / Vista / 7 / 8.1 / 10 Windows 10 64-bit 表記なし
プロセッサ(CPU) 3 GHz Intel Core 2 Duo E6600(2.4 GHz)またはAMD Athlon 64 X2 5000+(2.6 GHz)またはそれ以上 表記なし
ビデオ(グラフィックカード) NVIDIA GeForce 8600M GT または ATI Radeon HD 2600 と同等、あるいはそれ以上 NVIDIA GeForce 8800 GT(512 MB)またはATI Radeon HD 4850(512 MB)またはそれ以上 表記なし
メモリ 2 GB RAM(Windows Vista より新しい OS の場合は 4 GB 以上) 4 GB RAM 表記なし
ストレージ(HDD空き容量) 12GB以上 3GB以上 表記なし
インターネット 表記なし ブロードバンドインターネット回線 表記なし
入力環境 表記なし キーボードおよびマウス、またはタッチスクリーン 表記なし
解像度 表記なし 1024 x 768以上の画面解像度 表記なし
DirectX DirectX version 9.0 以上 表記なし 表記なし
その他 最新版 .NET Framework / Adobe Air 表記なし 表記なし

Windows必要動作要件

スペック LoL HS PUBG
OS Windows XP / Vista / 7 / 8.1 / 10 Windows 7 / 8 / 10 Windows 7 / 8 / 10(全て64-bit)
プロセッサ(CPU) 2 GHz(SSE2 以上) Intel Pentium D または AMD Athlon 64 X2 Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
ビデオ(グラフィックカード) Shader version 2.0 対応 NVIDIA GeForce 6800(256 MB)またはATI Radeon X1600 Pro(256 MB)またはそれ以上 NVIDIA GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
メモリ 1 GB RAM(Windows Vista より新しい OS の場合は 2 GB 以上) 2 GB RAM 6 GB RAM
ストレージ(HDD空き容量) 8 GB 3 GB 30 GB
インターネット 表記なし ブロードバンドインターネット回線 ブロードバンドインターネット回線
入力環境 表記なし キーボードおよびマウス、またはタッチスクリーン 表記なし
解像度 最大 1920 x 1200 1024 x 768以上の画面解像度 表記なし
DirectX DirectX version 9.0 表記なし DirectX version 11.0

3つのゲームを比較するとPUBGの必要要件が最も高く、このスペックをベンチマークにすれば他のゲームもプレイできます。なお、プロセッサとビデオ(グラフィックカード)のスペック優劣に関してはドスパラさんの性能比較表を参考にさせていただきました。

インテル(Intel)CPU性能比較
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu
グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト
http://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts

続いてmacの動作要件をチェックです。ゲームの印象がとても低いmacですがプレイできるでしょうか。。?

mac推奨動作要件

LoL=League of Legends
HS=Hearthstone
※PUBGはmacに対応していません
*アップデートが行われることで推奨・必要スペックも変わっていきます。公式サイトも合わせて確認しましょう!

スペック LoL HS
OS Mac OS X 10.7.5 Mac OS X 10.12
プロセッサ(CPU) 2 GHz(SSE2 以上) Intel Core i3またはそれ以上
ビデオ(グラフィックカード) NVIDIA GeForce GT 330M または ATI Radeon HD 4670 と同等、あるいはそれ以上 NVIDIA GeForce GT 650M または ATI Radeon HD 5670またはそれ以上
メモリ 4 GB RAM 以上 4 GB RAM
ストレージ(HDD空き容量) 10 GB 3 GB以上
インターネット 表記なし ブロードバンドインターネット回線
入力環境 表記なし キーボードおよびマウス、またはタッチスクリーン
解像度 表記なし 1024 x 768以上の画面解像度

mac必要動作要件

スペック LoL HS
OS Mac OS X 10.7.5 Mac OS X 10.10
プロセッサ(CPU) 2 GHz(SSE2 以上) Intel Core 2 Duo
ビデオ(グラフィックカード) NVIDIA GeForce 8600M GT または ATI Radeon HD 2600 と同等、あるいはそれ以上 NVIDIA GeForce 8600M GT または ATI Radeon HD 2600 Pro
メモリ 2 GB RAM(4 GB を強く推奨) 2 GB RAM
ストレージ(HDD空き容量) 5 GB 3 GB
インターネット 表記なし ブロードバンドインターネット回線
入力環境 表記なし キーボードおよびマウス、またはタッチスクリーン
解像度 表記なし 1024 x 768以上の画面解像度

mac使いの私は現時点でPUBGをプレイすることができません!残念w

なお、LoLとHearthstoneはmacでもプレイができるます。OS X 10.10ということは2015年以降購入のmacならば、だいたいいける気がします。Reddit読んでてもMacBook AirでHearthstoneをプレイしている勢もいるようです。

これらのPC向けゲームをプレイするにはwindowsを選択するにかぎりますね。もしくはPS4などに移植されるのをを待つなども手かとー!

こちらもどうぞ!

【LJL 2017spring split】はじめてのLeague of Legends Japan League(LJL)
http://woodblu.me/entertainment/event/761/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする