今年も語りたい渡辺隼(ナベP)という敏腕プロデューサー/ SHIROBAKO Advent Calendar 2017

この記事は SHIROBAKO Advent Calendar 2017 の22日目の記事です。

12月22日はSHIROBAKOの世界では杉江さんがみゃーもりに対して、給湯室でお礼を言っているあたりでしょうか。といったわけで、昨年に続き、今年もナベPの仕事ぶりについて思いを募らせたいと思います。

ナベPはアニメ制作の現場でラインプロデューサーを担っており、制作現場の責任者にあたる仕事を、主に雀荘で行っています。
ナベP
出典:キャラクター|TVアニメ「SHIROBAKO」公式サイト

そんなナベPは、武蔵野アニメーション7年振りの元請け作品「えくそだすっ!」放送第1話を社外(雀荘)で見ており、その姿勢に対して陰口ともとれる会話をメンバーがしています。

会議室にて「えくそだすっ!」1話放送直前のシーン

えくそだすっ!1話視聴シーン
出典:#01 明日に向かって、えくそだすっ!|ストーリー|TVアニメ「SHIROBAKO」公式サイト

撮影監督佐倉さん
あれ?そういえばナベpは?

色指定検査 新川さん
テンパイでしょ。いつものこと。※テンパイ=雀荘

進行 矢野さん
1話の放映なのにありえない。

色指定検査 新川さん
ナベpだから…

このように、「ナベPだから仕方ない」「ナベPだから諦めよう」というニュアンスの会話がされ、メンバーからの信頼感が全く感じられません。

いい加減な男「ナベP」は、このような状況で制作現場の責任者が務まるとも思えません。そう思っていた時期が私にはありました。

しかし、ほぼ同じような会議室シチュエーションで「第三飛行少女隊」第1話のときに、女性陣の発言に変化が生まれています。

会議室にて「第三飛行少女隊」1話放送直前のシーン

三女1話視聴シーン
出典:#21 クオリティを人質にすんな|ストーリー|TVアニメ「SHIROBAKO」公式サイト
撮影監督佐倉さん
あれ?そういえばナベpは?

色指定検査 新川さん
テンパイでしょ。まったくもう。

進行 矢野さん
あの人はもういいですよ。ちゃんと仕事もってくれば、それでよし!

なんですか、この変化は。

杉江さんと同じぐらいナベPも株を上げてるじゃないですか!

いい加減な男「ナベP」は、ダメなところあるかもしれないけれど、ちゃんと仕事はできる人(信頼できる人)と、会話から感じることができます。これも「えくそだすっ!」「第三飛行少女隊」と、次々にゲットしてきたからこその結果です。すごいぞナベP。

ナベPと同じ働き方はできる。ただし信頼には成果が必要だ!

ナベPの働き方は、朝礼以外ほぼ外出というスタイルです。

ほぼ会社におらず、日頃の仕事ぶりをメンバーが見る機会はありません。過程が見えないからこそ、よりシビアにメンバーから見られます。お菓子の付け届けなんてできません。だからこそ、成果を出してメンバーからの信頼を得たナベPはすごいのです。

以上、雀荘に向かう道中より、ナベPのことを思いつのらせるのでした。
最後に、SHIROBAKO Advent Calendarを作られた、こにふぁーさん (@konifar )。今年もありがとうございました!

それでは、みなさま良い週末を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする