BACK DROP BOMB & smorgas – 「SHELTER 25th Anniversary Kick Off GIG ー 北沢爆音祭 其ノSP ラウドにいこうぜ!」に行ってきた

SHELTER 25th Anniversary Kick Off GIG ー 北沢爆音祭 其ノSP ラウドにいこうぜ!
2016年4本目のライブ。2016年4月30日(土)下北沢シェルターの「SHELTER 25th Anniversary Kick Off GIG ー 北沢爆音祭 其ノSP ラウドにいこうぜ!」に参戦してきました。同じイベント名で昼・夜の二部制、両方ともにツーマンのイベントとなっておりBACK DROP BOMB & smorgasと私の青春ど真ん中な二組ということで、勝手にアンチエイジングな気分を味わうべく下北沢に馳せ参じました。昔ちょくちょく遊びに来ていた、かつ、今はすっかりご近所となった下北沢ですが、下北沢シェルターは実は初めてのライブハウス。映像でよく見ていたステージ後ろにあるロゴを見て大興奮です。ちなみに昼はMINOR LEAGUEとWRENCHという爆音祭という名にふさわしい2組でした。

近所ということで油断してたら遅刻しかけて開演5分前着。シェルター行ったことある方ならわかりますが、階段降りきれないぐらいパンパンでしたよ。ソールドアウト公演ということもあり、ステージが全然見えない位置でsmorgasスタート。

前半はsmorgasによるステージ

1曲目からワイバーン。古めの曲多め。なんでも当時の楽曲を録音し直して販売するとのこともあってのセットリスト。ちなみにsmorgasを見るのは16年ぶり。あらきゆうこさんのドラム好きだー

後半はBACK DROP BOMBによるステージ

結成20年越えているんですよね。そりゃ昔から知っているわけですわ。イントロからAメロにかけて5本の指に入るカッコイイ楽曲であるREMIND MEが生で聴けて感動。ドラムの有松さんがあゆみくりかまきに参加していたり、ボーカルの白川さんはAA=に参加していたり、自分の好きな楽曲やバンドに紐付いててこれからも活躍し続けて欲しいっす。近くにいるsmorgasファンの人が演奏順について色々と考察してましたが、純粋に結成年次差だと思われます。

下北沢シェルターのダイブ事情

ちなみに下北沢シェルターはステージがものすごく近い。そして、2組ともに5〜6人と大人数。ダイブを煽るように暴れろ〜のMC(smorgasのとき)。ダイブをしてもそこにダイバーが乗るスペースはもちろんありません。ダイブをするともれなくステージ到達前にスタッフに撃墜されます。(そもそもロフト系のライブハウスは、たしかダイブ禁止だった気が…)
そんなモッシュ&ダイブをしている客層は自分と同世代に見受けられました。興奮した女性ダイバーが持ち上げられたように見えつつ、実は自分から上がってた確信犯的なダイブを繰り広げてました。スタッフが撃墜したあと、持ち上げられたと察してか心配そうに見かける。それにつられて男性ファンもダイブ。スタッフ撃墜しライトで注意。女性に優しく男性に厳しくもまたこの手のライブの醍醐味です。ちなみに某女性ファンは既にに解散してしまった某パンクバンドのバンドTを着てて、私やりますと自己申告しているような姿でしたよ。そんなダイブしてしまうような女性が好きですがw

ドリンクチケット

このダイブは間違いなく撃ち落とされますw

最近Zeppやリキッドルームと続いていただけに、VJなしのライブが懐かしくバンドに集中できてこれはこれで良かったです。次回は初台でコンサート鑑賞。ラフな格好で受付で止められたりしないですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする