1泊2日八丈島へ一人旅 #東京離島旅

2016年の夏休み。沖縄旅行と連続して、八丈島への旅を計画していた私は、羽田から直接浜松町に向かい船移動すれば、楽しい船旅をしながら八丈島に行く気満々でした。しかし、那覇から羽田への飛行機が遅延したため船はキャンセル。しかし、翌日の宿と帰りの飛行機の予約が生きているので、八丈島には翌日中には到着しておきたいところです。

またしても遅延にハマる

結局、行きも飛行機を使うことにしました。自宅で一泊した私は改めて羽田に向かいます。京急よ。おまえも遅延か。。

そんなボヤきをしつつ羽田に到着。八丈島直航便はANAです。1時間ほどの空の旅を経て八丈島空港に到着です。どんよりー

一人旅の観光のお供に原付レンタル

沖縄旅行で原付に味をしめた私は八丈島でも原付で移動することにしました。離島の一人旅は車よりも、バイクの方が便利な気がする。今回はモービルレンタカーさんにお世話になりました。羽田から出発する前に連絡しておけば、空港まで車でお迎えに来てくれます。原付だけでなくレンタカーもやってますよ。途中スーパーで食料を買い込み宿へ移動。島は意外と広い。宿が思いのほか遠い。。船移動の段階では原付借りるつもり全然なかったですが、もし徒歩移動だったら間違いなく宿に到着する前に泣いているw

宿はwi-fiが使える満天望

今回はBooking.comを使っての宿探しでした。wi-fiが整ってリーズナブルかつ朝食付きで探した結果、満点望さんが条件にぴったしでた。宿の選択肢が多くないものの、満足できる宿選びをすることができました。チェックアウトし移動すること数分。沖縄とはまた違う島のロケーション!青空広がり絶好の原付日和。

元溶岩というのがよくわかるゴツゴツした岩場です。山を駆け上がり八丈富士へ。山羊さん牛さんがお出迎えです。八丈富士のふれあい牧場から島中央部を眺めると、このようなロケーションです。標高がそれなりにあるので、やや肌寒さもありました。車などでここまで登れますが、八丈富士の頂上までは徒歩で登る必要があります。今回の旅では山装備を全くしていないので、ふれあい牧場から市街地へ下山することに。

下山して底土港に到着。浜松町からの船は八丈町三根地区の底土港に到着します。市街地を挟んで宿の反対側という、島の移動手段がなければ、八丈島で無謀な挑戦をすることになっていました。原付万歳。

ザ・バブル遺産のホテル跡(廃墟です)

お昼時を迎え島の名産を食べに市街地へ移動。お目当ての島寿司をいただきます。テッカテカです。島寿司とはざっくり言うと・・・

・大きいネタ
・わさびではなくカラシ
・ちょっと甘めの醤油

の、八丈島の郷土料理です。ちなみに、お隣、青ヶ島でも島寿司は出していたはず。

食べ終わりまして八丈富士の反対側に向かいます。お目当ては裏見ヶ滝です。三根地区から中之郷方面の道のりはちょっとした峠道かつ絶景でして、油断すると崖から落ちるので気を付けましょう。裏見ヶ滝の入口に到着です。そして立ち入り禁止でした。。

裏見ヶ滝の写真は八丈町のWebサイトでお楽しみください。

八丈島にせっかく来たので温泉に入ることに。お世話になったのはみはらしの湯さんです。温泉美味しくいただきました。そして、お風呂上がりの一杯で明日葉茶。


明日葉茶

ぼちぼち飛行機の時間が近づいてきたので空港がある市街地方面に向かいます。その途中にスコールに遭遇しまして、すこぶる天気が良かったはずなのに、島に雨はつきものというのを実感しました。そんなスコールが上がったあと、はじめて二重の虹に遭遇しました。 いろんな意味が含まれているらしいです。実際に言い伝え通りのことが起きたかは今でも謎です。いつか何かあると良いですね!

原付を返却し空港まで車で送ってもらいまして、いろいろとお土産を買い込み飛行機で羽田帰ります。私の夏休みは事前の計画の半分以上が変更となりました。とはいえ、こんな調子の移動ばかりの旅はなんどやっても楽しいもんです。ちなみに、夏休みといいつつ、八丈島二日目の時点で10月入っておりました。世間は秋の中、いい歳して沖縄と八丈島でこんがり日焼けした私は、多くの人にイジられるのでした。なお、この記事を書いている2017年3月時点でも日焼け後が残っていますw

お土産で「八丈島のジャージーヨーグルトドリンク」と「パッションフルーツ梅酒」を購入。自宅で美味しくいただきました。

東京島めぐりパスポート「しまぽ」

さて、今回の八丈島旅のもう1つの目的が東京島めぐりパスポート「しまぽ」を手に入れることでした。東京の離島11つを巡るスタンプラリーのスタンプ台帳です。東京都心からの距離?によってポイント数が設定されています。もっとも高得点に設定されているのが小笠原諸島の母島となっています。父島とセットで巡りたいものですね。ポイントを貯めるとプレゼント応募(抽選)ができます。それぞれの島でパスポートを提示するとお得になるスポットもあります。パスポートならびにスタンプは各島の観光協会などでゲットできます。
しまぽ表紙

八丈島のスタンプゲット

持ち物リストをまとめました

国内の一人旅で役にたった持ち物リスト
http://woodblu.me/outing/travel/867/

2016年夏休みシリーズ

・計画失敗編

一般人が行ける日本最西端・最南端に一人旅(失敗しました)
パスポート無しで行ける端っこ、日本でも人があまりいない場所を目指し、旅の大半が移動という弾丸旅行記です。2016年の夏季休が一般的な時期から...
・関空待機編
LCC乗り継ぎで使った関空での時間潰し体験談
2016年9月下旬。僕の夏休みは台風とともにありました。当初、羽田→関空→石垣というルートを予定していた私は、台風の影響により関空で足止めを...
・沖縄編
沖縄バックパッカー風の一人旅(本島・古宇利島・久米島)
パスポート無しで行ける端っこ、日本でも人があまりいない場所を目指し、旅の大半が移動という弾丸旅行記です。2016年の夏季休は最南端と最西端を...
・八丈島編

1泊2日八丈島へ一人旅 #東京離島旅
羽田到着!予定では、このまま竹芝移動して22:30発の八丈島まで船移動だったのですが、どう頑張っても間に合わないのでキャンセル。一度家に帰り…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする