webメディアびっくりセールに意外な形で地元真鶴の名前がでていた

2017年2月26日(日)デイリーポータルZさん主催のwebメディアイベントが行われていました。そのイベントに出展していた乗り物ニュースさんが、なんと商品として。我が地元真鶴の本小松石のバラスト(線路に敷いてる石)を販売しているじゃないですかwww

本小松石というのは日本の高級石材の1つで、将軍家(城の石垣とか)や皇室御用達(お墓関連)となっている石材です。小学校の頃、地元の名産品ということで勉強しました。ちなみに、実家は採石場がそこそこ近くドカンドカンと平日は家が揺れたもんです(ダイナマイトを使って採掘するため)。石材という非常にニッチな物のため、滅多に特産品として語られないですし、どちらかと言えば、みかんや魚のグルメネタ、日本のスキューバダイビング発祥地、日本三大船祭り、坂道ばかり、、とか、その手の話題の方を東京にいてよく聞ききます。こう書くと、小さな町ですが、話題が豊富ですw

本小松石のバラストに話を戻します。今はたぶんやっていないと思いますが、かつては真鶴駅の貨物線で採石場から出た小さな石を積む作業を見ることができました。コンテナの貨物電車と違い、黒いゴツい電車にバラストを積み東京方面に運んでいました。ちなみに黒いゴツい電車は戦闘シーンとかで出てきそうな、見た目戦い心地良さそうな電車なんですよ。

一般的なベッドタウンと違い、歴史ありつつ個性的な町なのでこんな形で地元の名前を目にしますが、人口1万人に満たない規模、かつ、狭い(神奈川で2番目に狭い自治体)なので、親族や同級生以外で同じ町出身者と東京に来てから出会ったことありません。鉄道クラスタに真鶴が注目されているよ!と、この喜びを共有したいけど相手がいないのでブログにしたためました。ざっつおーる。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする