SHIROBAKOの誰について言及されることが多かったのか調べてみた結果 /SHIROBAKO Advent Calendar 2019

ご無沙汰してます。あおきまです。今年のSHIROBAKO Advent Calendar 2019に参加させていただきます。

過去に書いた記事はこちら。

渡辺隼(ナベP)という敏腕プロデューサー/ SHIROBAKO Advent Calendar 2016

このスケジュールを生み出した原因は監督です / SHIROBAKO Advent Calendar 2016

今年も語りたい渡辺隼(ナベP)という敏腕プロデューサー/ SHIROBAKO Advent Calendar 2017

3記事中2記事をナベPについて書いてました。ナベPいい仕事してるのです。

さて、今回です。久しぶりにSHIROBAKO Advent Calendarに参加させていただくにあたり、過去みなさん誰について書かれているのかな?と気になり、いくつか記事を拝見してました。

ん?主人公の宮森あおいを紹介する記事少なくない?SHIROBAKOの主人公だよ…?もしや布教活動をするほど熱心なファンは、当たり前過ぎて宮森あおいについて記事に触れていない??

来年には映画化されるのに、この温度差は心配です。

といったわけで、今までのSHIROBAKO Advent Calendar記事を全部確認し、誰について最も言及をしているのかを調査することにしました。

せっかくなので、オリジナルのランキング形式にして結果をご報告させていただきます。

集計方法

2015年12月1日~2019年12月22日時点までのSHIROBAKO Advent Calendarに投稿された122エントリーを集計対象とする。

記事が削除されていたり、そもそもブログが消滅しているものは SHIROBAKO Advent Calendarに残っているタイトルのみを集計対象とする。

集計は根性で目視で行う。

1キャラ1記事につき1回のみをカウントする。例えば、本文中にみゃーもりと3回書かれていても、1回としてカウントする。

【タイトル】【見出し】【本文】で重みづけをする。 タイトルは5ポイント、見出しは3ポイント、本文は1ポイントとする。

同一記事で本文とタイトル両方で言及されている場合は高い重みの点数をつける。

キャラクターの名前やキャラクターを指す言葉(監督→木下誠一としてカウント)が書かれていたら言及数としてカウントする。

キャラクターの口癖は集計対象にしていない。(変な話と書かれていても=茶沢とカウントしない)

集計だけで3時間以上かかりました。なお、目視作業のため、数値に正確性をもとめず暖かい目で見守ってください。

じゃじゃじゃじゃじゃあ~いきますよ!

タイトルでの言及数TOP3

1位タイ(4回)

  • 宮森あおい
  • 井口祐未
  • 松亭(柗亭)
  • 平岡大輔

見出しでの言及数TOP3

1位(7回)

  • 安原絵麻

2位(6回)

  • 宮森あおい

3位タイ(4回)

  • 矢野エリカ
  • 藤堂美沙

本文での言及数TOP3

1位(59回)

  • 宮森あおい

2位(34回)

  • 木下誠一

3位(26回)

  • 安原絵麻

総合ランキングTOP10

9位タイ 杉江茂 38ポイント

あの菅野光明が天才と称するベテランアニメーター。作画担当しているニャンとワンたろーが気になります。

9位タイ 渡辺隼 38ポイント

麻雀大好きナベPが9位。なお38ポイントのうち10ポイントは私の記事によるものです。

8位 高梨太郎 39ポイント

アニメ序盤のポンコツぶりで同僚も視聴者もイライラさせていますが、平岡の居場所を作り救って上げるなど、後半になるほど評価が高まるキャラクターですね。

7位 松亭(柗亭) 40ポイント

ずかちゃんのバイト先で、実在しているお店です。キャラではないので除外しようと思ったのですが、聖地だけあってSHIROBAKO Advent Calendarで定期的に登場していることもあり、集計対象にしました。

6位 木下誠一 45ポイント

えくそだす、第三飛行少女隊の監督。野亀先生との会話のように、覚醒したときの監督の冴えっぷりはすごいんです。

5位 今井みどり 47ポイント

「怖いのは脚本家になれないことです」「頑張りマスタング」と印象的なセリフを生んだりーちゃん。さすが脚本家志望の若きクリエイターは良い言葉を生み出します。

4位 矢野エリカ 48ポイント

厳しさとやさしさを持ち合わせた制作担当。こんな先輩が欲しかったオブザイヤー。

3位 平岡大輔 54ポイント

Web制作の制作進行やっていた頃を思い出すと、平岡くんのように闇落ちする気持ちわかります。後半からの登場にも関わらず、非常に語りたくなるキャラクターのひとりですね!

2位 安原絵麻 57ポイント

平岡くんと同じように闇落ちしていたわけではないですが、後半にかけてどんどんと明るくなっていく姿が印象的でした。

1位 宮森あおい 97ポイント

タイトルでの言及は横並びなものの、数多くのエントリーにて本文中登場してました。

私のイメージは思い込みに過ぎず、蓋を開けてみればみゃーもりが言及されている記事は68/121と、キャラクターが多くいるアニメのなか非常に多く登場してました。

宮森あおい

全集計結果

  • 宮森あおい 97
  • 安原絵麻 57
  • 平岡大輔 54
  • 矢野エリカ 48
  • 今井みどり 47
  • 木下誠一 45
  • 松亭 40
  • 高梨太郎 39
  • 渡辺隼 38
  • 杉江茂 38
  • 井口祐未 36
  • 藤堂美沙 36
  • 本田豊 32
  • 瀬川美里 25
  • ロロ 24
  • 坂木しずか 21
  • 興津由佳 20
  • 丸川正人 18
  • 下柳雄一郎 16
  • 円宏則 16
  • 小笠原綸子 16
  • 遠藤亮介 16
  • 落合達也 16
  • 佐倉良樹 13
  • 安藤つばき 13
  • ミムジー 12
  • 舞茸しめじ 12
  • 宮森かおり 12
  • 大倉正弘 12
  • 久乃木愛 11
  • 山田昌志 11
  • 佐藤沙羅 10
  • 河野幸泰 7
  • 稲浪良和 6
  • 葛城剛太郎 4
  • 堂本知恵美 4
  • 新川奈緒 4
  • 菅野光明 4
  • 野亀武蔵 3
  • 鈴木京子 3
  • 木佐光秀 3
  • 立石孝一 3
  • 北野三郎 2
  • 茶沢信輔 2
  • 山渕篤 1
  • 大山匠 1
  • 中林渉 1
  • 中田恵理 1
  • 富ヶ谷 1
  • 渥美裕治 1

来年はいよいよ劇場版の公開。座して待ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする